台湾vol.3 

ここが千と千尋の神隠し

九份。私の憧れの地。ネットで見ていたあの場所に行きたい。台湾の旅行の目的をいっても過言ではありません。まずお茶やさんでお茶を飲めとガイドさんに言われたので「阿妹茶樓(あめおちゃ)」へ。ここはあの湯婆婆の屋敷のモデルになったとも言われています。中はお茶屋さんです。二階でお茶を飲んでいていい時間になると夕日が綺麗に見れると言われています。残念ながら私たちのときは時間はよかったんですけど、雲で見えませんでしたね、残念。なにはともあれ、ポストカードももらえるのでお茶屋さんはぜひおすすめです。外へ出て歩き出します。人が4人ぎりぎり横に並んで歩けるかなレベルの通路に異常なまでの人がいます。お祭りです。これはお祭りなんだと言い聞かせ上を目指します。夕方になると提灯がライトアップされ、見たことあるぅぅぅぅ!という景色になります。本当に綺麗でした。上で「花文字」書いてもらうために予約します。自分の名前を紙に書いて額縁の色を選んで「20分クライデデキるよー!トリニキテネー!」と言われます。そしてさらに上行ったら迷ってしまってあと少し進んでしまっていたらたぶん死んでいたなという話は飛ばします。(笑)

台湾続きます。

download

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする