スペイン・ポルトガル vol.9

ヨーロッパで中華。

一旦、ホテルの各部屋で一休みしてからロビーに再集合。先生はずっと「麺が食べたいんだけど・・・(笑)」と言っていました。みんなも賛成し、そして麺が食べられそうなお店を調べていてくれている先生・・・なんてこったい・・・。こんな優しい先生に連れられ、候補のお店を一件ずつ見ていきます。麺が食べられる=中華やアジア系のお店。これが意外とあってびっくりしました。お寿司のお店が多かったです。先生がたくさんリサーチしていてくれてみんな悩みながらも多数決をしました。そのお店たちの中で外でどうしようかと悩んでいるときに中から店員さんがでてきて「入れるよ!」みたいなことを言ってきて「いや考えてるから~」と英語で言っても「は?」という顔をされたお店がありました。たぶん中国人だと思われていて英語を話せるはずがないと思われていた?なにはともかく英語の通じないお店があり、そこ店員さんが忘れられず、みんなもそう思っていたようで味とかなによりおもしろそうという理由でそこのお店に決まりました。そこで食べた中華が・・・!とんでもなくおいしく感じました。決して今まで食べていたごはんがおいしくなかったわけではないけど、やっぱり日本人だなと感じさせられました。

a1370_000384

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする